Pluck!!

fb75e05cf74447b635dea07df3a91c2b643b23d26f686f49bd78a1db7cf1919

ブラウザから利用できるプロキシ
CGIプロキシとかPHPプロキシとかいろいろ呼ばれています。そんな匿名プロキシのリスト
250+ working proxies for safe web access from work or school : eConsultant
本当に自分の情報が漏れていないか、どこまで隠蔽できているのか、あるいは偽装できているのかの確認
診断君

ウシガエル
学名 Rana catesbeiana
両生綱 無尾目 アカガエル科 アカガエル属
全長 10~20cm
分布域 元来は北米大陸東部に分布
琉球列島を含む北海道西部以南の日本全国に人為分布
生息場所 水陸両生
行動 夜行性
食性 肉食性
繁殖形態 卵生

元来、北米大陸にのみ分布していたが、世界各地に人為的に移入され、日本にも食用として移入されたものが逃げ出して野生化している。別名ショクヨウガエルとも呼ばれ、現在も食用とされている。非常に大型になるカエルで、雄が鳴く声も極めて大きく、ウシの鳴き声のような低音で遠くまで響き渡る。池・沼・川の淀みなど水生植物の多いやや濁った水場を好んで棲み、あまり水から出ない。大型の昆虫・ザリガニ・魚・ネズミなどを食べる。繁殖期は六月から七月頃で、6000から20,000個もの卵を産む。幼生も日本に棲むカエルの中では最も大型で、全長12cm以上にも達する。

GIGAZINEより色々
YouTubeのムービーをダウンロードしてMPEGに変換
起動不能のWindows XPを救う8つのコマンド

パワーウインド初期化手順 バッテリーの端子を外し、再度端子を接続すると、パワーウインドーが動かないという現象が発生します。これは挟み込み防止機能付パワーウインドーの初期化作業を行うことで解消します。
運転席以外のガラスは運転席の集中スイッチでは操作してはいけません。各ドアのパワーウインドースイッチで操作します。
①、ガラスを半分程度開ける。②、ガラスを全閉する。このときスイッチは締まりきっても2秒間保持したままにする。③、①②の作業を各ドアのスイッチで繰り返す。

MPVセンターテーブル対作品
http://minkara.carview.co.jp/userid/227965/blog/3063996/#cm

Lightbox JS v2.04 導入メモ

1.ファイルをダウンロード

Lightbox JS のサイトに行き、Download からファイルをダウンロードする。


2.ファイル中のパス変更

Zip ファイルを解凍すると、いろいろとファイルがあるが、修正するファイルは「lightbox.js」と「lightbox.css」の二つだけ。

「lightbox.js」は50行目あたりにある
fileLoadingImage: 'images/loading.gif',
fileBottomNavCloseImage: 'images/closelabel.gif',
を http:// から始まるファイル保存場所のフルパスを調べて変更。
fileLoadingImage: 'http://(ファイルディレクトリ)/loading.gif',
fileBottomNavCloseImage: 'http://(ファイルディレクトリ)/closelabel.gif',

「lightbox.css」は17行目あたりにある
#prevLink:hover, #prevLink:visited:hover { background: url(../images/prevlabel.gif) left 15% no-repeat; }
#nextLink:hover, #nextLink:visited:hover { background: url(../images/nextlabel.gif) right 15% no-repeat; }
の url() に囲まれたパス部分を同じくフルパスに変更。
#prevLink:hover, #prevLink:visited:hover { background: url(http://(ファイルディレクトリ)/prevlabel.gif) left 15% no-repeat; }
#nextLink:hover, #nextLink:visited:hover { background: url(.http://(ファイルディレクトリ)/nextlabel.gif) right 15% no-repeat; }

3.ファイルのアップロード

画像のアップロードと同じ方法で、「index.html」「image-1.jpg」「thumb-1.jpg」以外のファイルを全部アップロード。


4.head タグ内を変更

アップロードが終わったら、下記ソースを head タグ内に加えれば終了。
http://(ファイルディレクトリ)/lightbox.css" type="text/css" media="screen" />




5.使い方

Lightbox JS を利用したい画像リンクやテキストリンクに、 下記のように rel を与える。tilte にコメントを入れると、ズームした際にコメントが入る。
rel="lightbox">画像名前title="コメント" >

複数の場合は、lightbox[sample] (sample 部は半角英数ならどんな名前でもOK)とか付け加えると、同じ sample とつけられた画像をスライドする。
rel="lightbox[hukusu]">画像名前1
rel="lightbox[hukusu]">画像名前2
N10Jc


【換装について】

>>484氏から引用
メモリとHDDは裏ブタを外せば簡単に交換できる模様。
(p)http://hothardware.com/Articles/ASUS-N10Jc-Corporate-Netbook/?page=8

メモリは1G→2Gへ換装可能(SO-DIMM DDR2 667Mh)



【画面解像度について】

基本は 1024×600 だが…
>>900 >>910氏から引用

nvidiaクラシックコントロールパネルを表示させる為にレジストリエディタを起動させて
HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→NVIDIA Corporation→Global→NvCplApi→Policies内の
ContextUIPolicy  TaskbarUIPolicy  CplGroupUIPolicy
これらのDWORD値を1に設定してレジストリエディタを終了

デスクトップから「画面のプロパティ」を開いて設定タブの詳細設定をクリック
新しく「Nvidia Geforce9300M GSのプロパティ」ウィンドウが開かれるので
Geforce9300M GSタブの詳細プロパティをクリックすると左側にサイドバーが
表示されるのでスクリーン解像度およびリフレッシュレートを選択
「Nvidia Geforce9300M GSのプロパティ」ウィンドウが書き換えられ
画面解像度の設定ができるようになり、モニタ設定の項目にある
□このモニタがサポートできないモードを隠すのチェックを外せば
上にある画面解像度を自由に選択できるようになります。

最小640*480 最大1024*600 擬似最大2048*1536表示まで確認しております。

キーボードカバー
ディスプレイフィルム
キャンペーン

Windows PC で Mac OS X 10.5 Leopardをデュアルブート

The Ultimate OSX on PC installation guideに、Mac OS X 10.5 LeopardをIntelもしくはAMDのPCにインストールし、デュアルブートする方法が記載されている。Windows PC上で動くOS XはMac OSX86と呼ばれている。これは、普通のWindows PCでブートできるようにカーネルが改変されたインストールDVDのイメージがTorrentなどのP2Pで出回っている。OSX86の情報については、osx86scene.cominsanelymac.comのフォーラムを参考にする。それでは、インストール方法を簡単に。

  1. まず、Leopardが動くのはCPUがSSE2あるいはSSE3をサポートする必要がある。CPU-Zなどで調べる。
  2. ハードディスクに6GBの未割当の領域を確保する。XP、Vistaそれぞれのやり方、あるいはサードパーティのパーティションツールを使う。
  3. Torrentから入手したLeopardインストールディスク(ToH RC2 Disc)をDVDに焼いて、そのDVDを光学ドライブに入れて、再起動してLeopard DVDで起動する。ちなみに、Googleで "ToH_x86_9A581_RC2" と検索すると山ほどヒットする。
  4. 立ち上がったら、Disk Utilityを起動して、未割当の領域をHFS+形式でフォーマットし、パーティションなを"Leopard"とする。
  5. 指示に従って、先ほど作ったHFS+ディスクにインストールを実行。
  6. インストールが終了すると、Leopardが起動する。もしも、起動しなかったら、次のステップに移る。
  7. LeopardインストールDVDで再度、起動する。
  8. ターミナルウィンドウを開き、/usr/misc/script.sh Leopardと入力。
  9. これでLeopardが起動できるが、もしもカーネルパニックが起こるなら次のステップに移る。
  10. 再起動後、ブートローダーが表示されたらF8を押す。そして、"cpus=1"と入力する。それでもカーネルパニックが起こるなら次のステップに移る。
  11. BIOSでSpeedStepを無効にする。駄目なら、セーフモードで起動する。
  12. ターミナルを開いて、"/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist"を編集する。
  13. cpus=1が必要なら、Kernel Fragsに追記する。そして、OSを選択する時間として、Timeoutを5秒くらいに設定する。
    Kernel Flags cpus=1 Timeout 5 
Acer Aspire One に Mac OS X Leopard をインストールして Windows XP とのデュアルブート環境を構築してみたのでその記録を以下に示す。夢だの何だのという面倒な言い回しはこの際使わない。

結論としては常用に値する環境に仕上がった。作業自体も簡単だし、 Aspire One は安価で軽量なので、この為だけに購入するというのもありだと思う。

無線 LAN とサウンド以外の機能はすべて正常に動作する。カメラも動く。俺はネットワークは D02HW を使っている。サウンドでは

 

プリンストンテクノロジー PMS-SA
http://www.princeton.co.jp/product/mobile/pmssa.html

を購入した。まだ届いてない。多分これで音もでると思う。

まず用意するもの
Acer Aspire One 。色は青の方がかっこいいと思う。しかし指紋は目立つ。
USB 接続の DVD の読み書きができるドライブ。
USB メモリ 。これは WinXP とデュアルブートしたい場合に必要。ちなみに俺は手元に USB メモリが無かったので、アドエス + WM5torage で代用した。

kalyway 10.5.2 正式な名称は知らん、ぐぐれ。 Torrent で拾うとよい。
kalyway 10.5.3 ComboUpdate これも正式な名称はよく分からない。

1_Kalyway_UpdCombo10.5.3.pkg
2_kalyway_10.5.3_kernel.pkg

という二つのファイルがあればよい。 Torrent で拾え。

以上。

具体的に作業のプロセスを記述する。

kalyway 10.5.2 を焼いた DVD を突っ込んだドライブを挿して起動する。 Boot Menu から DVD ドライブを選んで起動。そのまま放置すると Leopard の例の壁紙が出てきてインストーラーが起動する。インストールに使用する言語を選ぶ画面に遷移するので、日本語を選ぶ。

そのまま画面の指示に沿って進めるとどこにインストールするのか聞かれるので、ここで上部メニューのツールからディスクユーティリティを起動する。

今回は WindowsXP とのデュアルブートにするので、パーティションを二つに割る。容量は適当に分ければよい。 Mac OS X 側に最低でも 20GB ぐらい分けておくべきだと思う。俺は 35GB ほど Mac 残りを WinXP にした。ここではどちらのパーティションも Mac 拡張(ジャーナリング)にする。ディスクユーティリティの使い方をインターフェイスを見ても理解できない白痴は死ね。 WindowsXP を入れるほうのパーティションを先頭に持ってきたほうがいいともう。

次にターミナルを起動する。そして USB メモリをぶっさす。

/usr/standalone/i386/chain0

/Volume/hogehoge (USB メモリが autofs でマウントされる。なんかそれっぽいの、見れば分かる、分からなければ自殺しろ、ターミナルを使えないやつも死ね)

にコピーする。これはブートローダー。

umount /Volume/hogehoge

して USB メモリを取り外す。

そして Mac OS X をインストールするために作ったパーティションを選択する。そのまま特にカスタマイズもしないでインストールをクリック。ディスクの整合性確認は時間がクソかかるのでスキップ。 30 分 40 分とかそれくらいインストールにはかかる。

インストールが終わると再起動するので、アカウントを作る。なぜか英語表記になるけどここで迷う奴はいないはず。ちなみにキーマップが US になってるので注意して入力すること。アカウントを作成し、正常に OS が起動することを確認する。画面解像度が 800x600 になっていると思うが気にしない。

ここでおもむろに kalyway のディスクを取り出し投げ飛ばす。 WinXP のインストールディスクを入れて再起動、 WinXP を用意したパーティションにインストールする。

そうしたら C:\ 直下に先ほど USB メモリにいれた chain0 をコピーする。そして Boot.ini を適当なテキストエディタで開き、一番下に

C:\chain0="Mac OS X"

などと記述する。

これで再起動すると、起動時に OS を選択できるようになる。本来なら kalyway のブートローダーから Windows XP を起動できるはずらしいのだが、 Aspire One ではそれが無理なため、このような順番でインストールし、ブートローダーも Windows XP のものを使う。もっと賢い方法もあると思うが、これで十分実用になるのでこれでよい。

そうしたら Mac OS X の環境に戻る。
System Preference から言語環境を日本語に設定する。
1_Kalyway_UpdCombo10.5.3.pkg をインストールする。指示に従いインストールすればよい。最後に再起動しろという指示が出るがここではまだ再起動しない。
2_kalyway_10.5.3_kernel.pkg をインストールする。カーネルはとりあえず両方選択すればよい。これのインストールが終わったら、 1_Kalyway_UpdCombo10.5.3.pkg の方のウインドウから再起動する。

再起動時に Mac OS X のブートローダーの画面 (Darwin がどうのこうのと出てる画面)から上下キーで Mac OS X を入れたパーティションを選択し、

update -v

とプロンプトに入力し、エンターを押す。コンソールにだらだらいろいろ出てアップデートが終わる。システムが 10.5.3 になる。

10.5.5 のソフトウエアアップデートを適用してはいけない。二度と起動しなくなり、インストールを全部やり直すはめになる。とりあえず今は 10.5.3 で使うしかない。特に困ることも無いと思う。

最後に画面解像度の問題を解決する。 KextHelper をインストールする。

http://wind-osx86.wikispaces.com/10.5+Post-Install

から 0x27ae.zip をダウンロードしてきて、中の 3 個の kext を KextHelper で全部インストールする。
ターミナルから su して vi で

/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist

Graphics Mode
1024x600x32

を追加して再起動すると解像度が 1024x600 になってる。

キーマップを JIS 配列にしたい奴はぐぐって調べろ。

以上。面倒なのでスクリーンショット、写真等は撮っていない。前述のとおりサウンドと無線 LAN が動かないが、 USB で追加すればいいと思う。 Mac OS X は Atom 上でも軽快に動作する。サウンドと無線 LAN のことを考えても、小型軽量のマシンで Mac OS X が動作するというのは魅力的だと思う。

http://www42.atwiki.jp/itokolove/pages/12.html

三国のキャブは、走行中やコーナリングでは問題ないが
サイドスタンドで駐車する(車体が傾く)と油面が安定しないと言うことらしい
この状態でエンジンを掛け様とすると、かなり油面が低い状態になつており、セルを長く回し
ガソリンがキャブにたくさん入り、やっと正規の油面ぐらいになってエンジンが掛かる
しかし、バイクにまたがり車体が垂直になると、油面が上がり生ガスが出て1~2気筒かぶる
さらに、フロートのガソリンも蒸発しやすいと書いてありました。
三国はガソリン臭いから嫌い、とも書いて有りました

対応としては、必ずまたがり最初に、バイクを垂直にする
コックをPRIにして1分待つ(蒸発した分を補充)
そしてエンジンを掛ける。
ま、古い車だから『儀式』が有ったほうが愛着出るかもよ・・・だって
でも、走ってる分には問題無いし、O/Hも京浜より安く・簡単に出来る・・・だって

仮面ライダーフォーゼ#01 ラブレターを渡す女の子:冨田真由



pluck cms

 


hosted by: internetismo.com